これからの正社員マネジメント

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、本日はこどもの日で、男の子のいる家庭では五月人形が飾られて
いる事でしょう。なお、五月人形は一代限りで子に引き継いではいけな
いという話しはご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■これからの正社員マネジメント★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これからの正社員マネジメントは「価値創造型人材」と「価値実現型人
材」に分けて考える必要があります。
価値創造型人材とは、一言で言えば「企業に抜本的な変革をもたらす人
材です」これは、従来の延長線上の業務改善では成し遂げることができ
ず、革新的な発想と社内の抵抗への対処が必要となります。
つまり、価値創造型人材には抜本的変革を推し進めるための「洞察力・
胆力・周囲を巻き込む力」が必要なのです。ただし、こうした人材は希
少な存在であり、激変するビジネス環境で企業が勝ち残るには、この希
少な価値創造型人材を意図的に発掘し、育成することが必須なのです。

ただし、企業とは変革を推し進める人材だけで成り立つわけではありま
せん。既存の事業領域および変革を実現する施策を確実に実行し、会社
に価値をもたらすことも重要なのです。この役割を担う人材を「価値実
現型人材」と言います。

ここで重要なことは、正社員マネジメントとして「価値創造型」と「価
値実現型」の2タイプの人材のマネジメントをいかに両立させるかなの
です。
まず、「価値創造型人材」と「価値実現型人材」に分ける理由は「価値
実現型人材」として長く過ごしてきた場合いきなり「価値創造型人材」
に変わることは難しいからなのです。

よって、「価値創造型人材」を早期選抜し別メニューで育成する必要が
あるのです。価値創造型人材となり得るための十分条件とは、経営スキ
ルを使いこなすこと、修羅場の場数を踏むこと、責任権限を持つことの
3点が重要となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンの「ホール企業向け研修」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[パチンコホールに特化したゼロンだからできる!!]

効果的な「気づき」をもたらす研修プログラムの実施
研修はあくまでも変化・成長のきっかけです。 いくら研修を受講して
も受講者に「気づき」が無ければ、行動に変化は起きません。

また「気づき」を受け入れる事が無ければ、成長にはつながりません。
当社では、研修の中で生じる「気づき」のプロセスをモデル化し、効果
的な「気づき」をもたらすための条件を考察し研修を実施致します。

http://bit.ly/25WtrVC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、五月人形は一代限りで受け継がないものという理由は、五月人形
はお守り的な存在なので、子ども一人に一つとされており、息子や兄弟
に受け継いでは駄目だというのが伝統的な考えだそうです。

また、同じく「雛人形を引き継ぐと厄まで引き継ぐ」と言われ、一代限
りが原則のようです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加