羊のリーダーが企業を救う

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、早いもので6月になりましたが、今月より法改正により選挙権は
18歳に切り下げられましたが、被選挙権年齢は据え置かれています。

ところで、他国の選挙権年齢はご存知ですか?
その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■羊のリーダーが企業を救う★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ナポレオンの格言と言われている「一頭のライオンに率いられた百匹
の羊の群れは、一匹の羊に率いられた百頭のライオンの群れに優る」
というものがあり、これは強いリーダー像を表しています。

そのリーダー像とは、決断力があって、行動力があって、積極性があ
って外交的といった要素を持っているリーダーです。
ただし、このようなリーダー像は、実は時代の流れの中で必要だった
ため生まれたリーダー像なのです。

右肩上がりの時代には、同業他社に競争で勝つことが最大の目的だっ
たのです。。だからリーダーは、現場に「実行力」や「再現性」を求
めたのです。つまり、その時代のリーダーは、現場をグイグイと引っ
張り、統率していかなくてはいけなかったのです。

しかし、成熟社会となった現代においては、新しい価値やアイデアを
生み、潜在的なニーズを掘り起こさなくてはいけないのです。

それには、強いリーダーが引っ張り、メンバーがついて行くというチ
ームの図式では無く、チームメンバーそれぞれが自発性を持ち、豊か
なアイデアを出していくことが望まれます。

また、そのような自発的なチームは成果を上げており、大きく4つの
特長を持っています。

1)メンバーが当事者意識を持っている
2)現場から豊かなアイデアが出る
3)各人が現状を的確に把握できている
4)メンバーが自主的に動いている

なお、成果を上げている自発的なチームのリーダーは、強かったり、
グイグイ引っ張ったり、格好良かったりせず、自由闊達な風土やアイ
デアが生まれ出るシステムや場を作り出せる人なのです。

つまり、多様化が進む現代においては、ライオンのリーダーが羊の群
れを率いるのではなく、羊のリーダーが羊の群れを率いて自主性を育
成し新しいアイデアを生み出す環境を作り出すことで最強のチームを
作り、成果を上げていくのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[ゼロンアカデミー]教育 ~従業員育成編~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
店長。最近ワクワクしていますか?
店長がワクワクする店舗方針を作りませんか?

~講義内容一部紹介~
①店長がワクワクすると従業員もワクワクする
②人間の脳の働き
③ワクワクする店舗方針の作り方

<東京開催> 教育 ~従業員育成編~

[開催日時] 2016年6月9日(木)ZHP総合研究所 会議室
[受 講 料] 無料

http://bit.ly/1QSWiEr
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、選挙に立候補できる(被選挙権)年齢は、日本は参院選や知事選
では30歳以上です。米国は25歳、フランスは23歳、ドイツは18
歳です。

なんと、ドイツでは高校生が議員になることが可能なのです。
まず、選挙権年齢が引き下げられた日本ですが、被選挙権年齢も引き下
げられる日は近いのかもしれません・・・

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加