部下に「自分軸」を持ってもらいたい

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、ついに全国的に梅雨が明けて猛暑がやってきています。
こんな時は冷たいカキ氷が美味しいですが、たまに食べていると、頭が
キィーンと痛くなることがあります。その理由はご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■部下に「自分軸」を持ってもらいたい★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分軸を持つという事は、自己が確立していくことです。
それは、何かの課題や事象を目の前にしたとき、自分の中で「違和感」
を感じたり「自分はこう思う」という意見形成ができたりすることなの
です。組織の中で、どうしたら部下は自分を知り、自分軸を作っていけ
るのでしょう?

部下が若い場合には、会社や上司としての「あり方(軸)」を見せてあ
げないといけないのです。
そのビジョンやあり方が定まっていればいるほど部下個人の「軸」が
定まりやすいのです。

そして、部下に自分軸を作ってもらうためにはフィードバックを繰り返
していくことが、一番効果的なのです。
部下に対して「私たちは、会社のファンを増やしていきたい。だからこ
そ、チームとしてのパフォーマンスを大事にしているし、最高のものを
提供したい。だから、あなたの今日の仕事の仕方には少し違和感を感じ
た」と「私たち(WE)の軸」を中心に語っていく。
常にそれが明確だからこそ、自分自身の考えること感じることも明確に
なっていくのです。

この目標に向かっているなら、自分はこういうことができるかもしれな
い。こういう立ち位置で仕事ができたらいいなと…

これが、組織での自分軸獲得への第一歩になるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンアカデミー2016年8月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■教育~朝礼で出来る教育方法~

毎日に行っている朝礼を有効活用
「継続は力なり」
従業員教育は毎日、短時間でも行うことで効果が表れます。
とは言っても、毎日何時間も教育に時間を割くことはできません。
毎日行っている朝礼に加えられる短時間の教育方法をご紹介します。

[日時]2016年8月10日(水)14:00~17:00

~講義内容一部紹介~
・習慣化のステップと能力
・接客項目のトレーニング方法
・モチベーション、気づきの朝礼

http://bit.ly/1QSWiEr
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、かき氷を食べていると頭がキィーンと痛くなる理由ですが、これ
は、簡単に言えば、大脳が痛みの発生源を間違えていることが原因です

体じゅうの刺激は、通常、神経を伝わって大脳の感覚野で認識されます
この中で、口の中から感覚野までの神経は、途中で頭部からの神経と経
路が重なっています。

このため、大脳の感覚野は口の中からの強い冷刺激を頭部からのものと
間違ってしまい、頭痛となるそうです。

この頭痛のことを「アイスクリーム頭痛」というそうです。

さて、この対処法ですが、痛みの発生源は、実際は頭ではなく口なので
すから、頭を押さえたりするのではなく、口の中を暖めるのが有効との
ことです。

つまり、口の中を熱いお茶などを飲んで暖めれば「キィーン」が治ると
いうことです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加