部下育成の方法は「ほめる?叱る?」

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、12月も中旬となり年の瀬を感じる日々となってきました。

ちなみに、来週はクリスマスですが、クリスマスはイエス・キリストの
誕生日ではないのはご存知ですか?
後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■部下育成の方法は「ほめる?叱る?」★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
部下育成方法を調べますと「ほめて伸ばす」や「正しい叱り方」などと
出てくるため、上司としては育てる人をほめたり叱ったりすることの難
しさを感じるのではないでしょうか?
しかし、実は難しくなってしまうのは多くの方が「ほめ方」や「叱り方」
という方法論の所に意識が向いてしまうからなのです。

実は、部下育成の最初のポイントは「部下を観察すること」なのです。
それはどういうことかと言いますとポイントはふたつあり「相手の現状
を把握すること」と「成長した細かな部分の把握」なのです。
居酒屋のアルバイトに例えれば、生ビールのつぎ方です。
最初は泡の量の調節がうまくいかないものですが、数日すると上手につ
げるようになります。これが現状把握と細かな成長です。

この観察した事実をそのまま部下にフィードバックすれば良いのです。
生ビールが上手につげないからといって叱ったり、上手につげるように
なったからといってほめたりなどせずに、ただ、単純に「○○さん上手
に生ビールつげるようになったネ」の一言でよいのです。

観察したことを、素直に部下にフィードバックすれば、別にほめたり叱
ったりせずとも、相手が勝手に、喜んだり反省したりするのです。
つまり、部下を育てるにあたり、ほめたり叱ったりなどする必要は別に
ないということなのです。

部下を育成するにあたり大切な事は、上司の評価ではなく「部下自身が
理解できるフィードバック」を与えることであり、かつ、その「フィー
ドバックを受けて自分がどうすれば良いかを考えさせるプロセス」なの
です。

この育成プロセスで一番難しいことは、一見すると部下が「フィードバ
ックを受けて自分がどうすれば良いかを考えさせるプロセス」のように
感じますが、実は、上司が「純粋に観察する」ことが一番難しいのです。
つい、口出しして答えを出してしまうのです。上司は答えを出さずに純
粋に観察して、できたこと・できないことを部下にフィードバックする
だけでよいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンアカデミー2017年1月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人材争奪戦を勝ち抜く採用の秘訣

【開催日時】2017年1月12日(木)14:00~17:00

【開催会場】東京・渋谷 ZHP総合研究所会議室

【参加費用】無料

~講義内容一部紹介~
稼働にこだわる店舗が2017年最も強化すべきコンテンツとは!?
全国の16~17年の年末年始の営業状況から見えてきた「ユーザーの
動向」を徹底詳解!
16年末のグランドオープン店舗、スロット増台リニューアルの成功事
例等、参考にすべきPOINTをご紹介します。

http://bit.ly/1QSWiEr
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
何もわからないまま、突然、新卒採用に任命された担当者の奮闘記

http://bit.ly/2eTkGWz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、何となく「クリスマスはイエス・キリストの誕生日」と思ってい
る人が多いようですが、残念ながらそんな事実はどこにもありません。

キリスト教においてもクリスマスは「降誕を記念する祭日」と位置づけ
られており、「救世主イエス・キリストの誕生日」と考えられているわ
けでは無いのです。

イエス・キリストが降誕した日がいつにあたるのかについては、古代か
らキリスト教内でも様々な説があったそうです。
実際に誕生した日(誕生日)と誕生したことを記念する日の違いです。
微妙ですが異なるわけです。

実際、新約聖書にイエス・キリストの誕生日に関する記述はなく、前後
の情景や天文現象などの見地から諸説が唱えられているようです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加