目標設定は部下の「貢献意欲」に働きかける

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、明後日はクリスマスイブですが、デコレーションケーキは買われ
ますか?

ちなみに、欧米ではクリスマスにケーキを食べる習慣はありません。
その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目標設定は部下の「貢献意欲」に働きかける☆★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1961年ジョン・F・ケネディは第35代アメリカ合衆国大統領に就
任した際の演説で「同胞であるアメリカ市民の皆さん、国があなたのた
めに何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考
えようではありませんか」と話しました。

年末となり、部下に来年の目標を立てるように指示された方も多いので
はないでしょうか?
その中で部下が提出した目標が、上司であるあなたから見ると「向いて
ないなぁ~本当は○○○をやって欲しい」と感じることがありませんか?

その時に「○○○を目標にしなさい」と強制してはいけませんし「君の
目標と○○○を半々でやってくれない」と提案してもいけません。
このような時は、社員の希望を叶えることができずとも、会社のために
動いてもらいたいというのが上司の本音でしょう。
限られたマンパワーですので、部下には利益を生むように頑張ってもら
いたいと考えるのが普通です。

そのような場合「目標は○○○にしてもらいたい、この役割はうちの会
社にとって、とても重要なことだから君の能力に期待してどうしても任
せたい」と伝えるのです。
貢献意欲を持っている部下ならば事情を汲み本人自体が苦手だと思って
いる事柄でも引き受けてくれるでしょう。

これは、まさにジョン・F・ケネディの言う「国があなたのために何を
してくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考えよう」
なのです。

つまり、部下を強制力で動かすのではなく「貢献意欲」に働きかけて、
自ら動くようにするのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンアカデミー2017年1月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■低射幸時代のP/S営業ポイント

【開催日時】2017年1月12日(木)14:00~17:00

【開催会場】東京・渋谷 ZHP総合研究所会議室

【参加費用】無料

~講義内容一部紹介~
稼働にこだわる店舗が2017年最も強化すべきコンテンツとは!?
全国の16~17年の年末年始の営業状況から見えてきた「ユーザーの
動向」を徹底詳解!
16年末のグランドオープン店舗、スロット増台リニューアルの成功事
例等、参考にすべきPOINTをご紹介します。

http://bit.ly/1QSWiEr
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
何もわからないまま、突然、新卒採用に任命された担当者の奮闘記

http://bit.ly/2eTkGWz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、クリスマスにデコレーション・ケーキを食べる風習は、日本以外
ではほとんど見受けられないものです。

これは、クリスマスにデコレーション・ケーキを食べる風習自体がペコ
ちゃん人形で有名な「不二家」が戦後に広めた日本独自の風習だからな
のです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加