チームをまとめたい!

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、1月も最終週となりましたが、受験生のお子さんをお持ちの方は
落ち着かない日々をお過ごしのことと思います。
そのような中、志望校への合格を願って受験シーズンならではのおもし
ろネーミング商品をご紹介します。

その紹介は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■チームをまとめたい!★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営陣や管理者の方で自社の組織をひとつにまとめたいが思うようにい
かないと考えられている方は多いのではないでしょうか?

そのようなときにすべきことは、中期経営目標を挙げて「ひとつの方向
に向かわせる」のではなく、また、経営理念を掲げて「ひとつの価値観
を共有する」のでもなく、シンプルに行う一つの方法があります。
それは、組織の中で「身近な人を助け合うという気持をみんなで持つと
いう事」です。それだけで、組織はひとつにまとまり、そして、リーダ
ーが目指す方向に進んでいくことが出来るようになるのです。

その理由は簡単で、リーダーはひとつの方向へ進んだうえで具体的な成
果を得るために活動しています。
そのようなリーダーの周りには、身近にいるリーダーを助けていこうと
する人がいます。また、身近にいるリーダーを助けようとする人の周り
には、その人を助けようとする人がいます。
そうやって、互いを助け合いながら、最終的にリーダーを助けていくこ
とになれば、組織はまとまっていきますし、リーダーが目指す方向に進
んでいく事になるのです。

組織がうまくまとまり成果を出しているチームは、往々にしてお互いが
お互いを助け合うという姿勢があり、それによってうまく組織が回って
います。

では、どうしたら、部下同士が助け合い、さらに、リーダーをも助けて
くれるようになるのかと言いますと、それは「リーダー自身が部下を気
遣い助けてあげる」事につきます。きちんと部下の話しを聞き、助けて
あげられるところは助けてあげ、支えてあげられるところは支えてあげ
る。別に媚びる必要はなく、真摯に部下と向き合い、深く理解する姿勢
を見せることなのです。

なお、逆説としては、リーダーという立場と権限でメンバーを支配し命
令と強制で動かすチームも一つのチームビルディングです。
部下も割り切って働けますし、助け合いのチームを作ろうとして、中途
半端に解ってくれるようなことを良いながら、結局何にもせずにチーム
を崩壊させるより良い選択とも言えます。

ただし、そこには「自立・自律・責任意識」には一切生まれませんので
部下はリーダーの駒であるとの認識が必要となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゼロンアカデミー2017年2月 人材争奪戦を勝ち抜く採用の秘訣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催日時】2017年2月9日(木)14:00~17:00

【開催会場】東京都渋谷区 株式会社ZHP総合研究所 会議室

【参加費用】無料

~講義内容一部紹介~
・今やらなければならない採用戦略
・採用難を乗り切る3つの戦略
・採用成功企業の4つのポイント

http://bit.ly/2juMiad
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、受験シーズンならではのおもしろネーミング商品ですが、たくさ
んございますので、一部のご紹介となります。

キットカットは福岡の方言で「きっと勝つとぉ」の語呂合わせで全国に
広がったそうです。
トッポ(TOPPO)はトッパで受験突破という意味だそうです。
カールはウ・カールとなって受験生を応援しています。

ピリピリしがちな受験シーズンですが、クスッと笑いたくなる、このよ
うなお菓子で一息入れるのも良いかもしれません。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加