現場はスモールビジョンで動き出す!

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、季節は長雨後に暑さが戻りましたが、秋の気配も感じる日々とな
ってきました。涼しさを感じますと熱いラーメンが食べたくなりますが
ラーメンどんぶりによく描かれている模様は何の模様かご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■現場はスモールビジョンで動き出す! ★☆★☆★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業にビジョンは必須です。その理由はそれが皆が目指すゴールであり
かつ、ゴールまでのプロセスをも決めるからです。
しかし、ビジョンというものは、実際に曖昧で現場の人が動く原動力に
なりにくいことが多いのです。
それは、例えゴールが明確でも、その内容が壮大であったりして、現場
のスタッフが目の前の業務に置き換えることができないからなのです。

だから、現場にはスモールビジョンが必要なのです。

もし、ビジョンで10年後の未来を語っているのなら、5年後までには
どうなっている?・3年後までにはどうなっている?・1年後はどこま
でをやっている?とスモールビジョンを明確に示さなくてはいけないの
です。このスモールビジョンをしっかり決めないと、いくら10年後の
ビジョンが明確でも、そこまでにいくプロセスが明確になりません。
プロセスがなければそのゴールにいくことはできません。

特に現場スタッフにビジョンを伝えるときはスモールビジョンである目
の前の目標を明確に伝えないと、企業の大きすぎるビジョンに引いてし
まうかもしれません。

小さいゴールがみえているからこそ、そこに向けて行動できるのです。
スモールビジョンを順番に達成していくことで、大きいビジョンが達成
できるかもしれないと思えるようになり頑張っていく力が生まれてきま
す!だから、企業の大きいビジョンを決めたあとは必ずスモールビジョ
ンを決めることが大切なのです。

これがビジョンを達成するために必要なことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンアカデミー ~2017年9月~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ZHP総研の「ゼロンアカデミー」では、全国の弊社営業コンサルタン
トが自分の足で集めた情報をご参加いただいたホール様にだけ、いち早
く正確にお届けします。
※ご参加者には『簡易商圏分析シート』をプレゼントいたします。

【開催日時】2017年9月14日(木)14:00~17:00

【開催会場】ZHP総研 会議室

【参加費用】無料

~講義内容一部紹介~
・最新機種情報~選び方と使い方:あなたの店ならコレを選びなさい!
・最新営業事例~最近はこんな!直近のグランドオープン店舗情報など

http://bit.ly/2i5lNss
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、ラーメンどんぶりに描かれている四角い渦巻のような模様ですが
あの模様は中国・殷の時代の青銅器にも見られる「雷文(らいもん)」
と呼ばれるものだそうです。

雷文は、稲妻を表したものとされており、雷光や雷鳴は天の意思だと考
えられ恐れ崇められていて、雷文には魔除けの意味があったといいます。

ラーメンどんぶりの模様は、雷を図案化したものということのようです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加