今からの18新卒採用手法

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、本日は「勤労感謝の日」で祝日ですが、皆さんは、祝日と祭日の
違いはご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今からの18新卒採用手法 ★☆★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月も終わりに近づき、概ねの企業の内定式も終わったこの時期です
が、不測の内定辞退などで採用予定数に達していない企業もあるのでは
ないでしょうか?

“あと数人足りない!・あと一人欲しい!”そんな採用担当者におススメ
しますのが「内定者によるリファラル採用」です。
既存社員でもなかなか紹介者が出ていないのに、内定者が自社を推薦し
てくれるのか? と思われる方も多いかもしれません。

心理学でいわれる「返報性の法則」はご存知でしょうか?
これは「好意には好意で報いる・受けた恩は必ず返す」といった行動に
見られる、もらいっぱなしの状態を居心地悪く感じる心理の事で、お返
しをせずには居られない心の状態なのです。

つまり、内定者は企業から内定を貰った状態ですので、無意識に恩を返
すという感情を持っているものなのです。そこをうまく活用し友人を紹
介してもらうのですが、併せて心理的ハードルを更に下げるならば「リ
ファラル」や「友人紹介」という言葉よりも「内定者に自分で同期を探
してもらう」という事で「同期補完計画」などのネーミングが遊び心が
あって良いのではと思います。

なお、内定者は会社の強み・魅力・良いところを心から良いと思ってい
ますので、既存社員のリファラル採用よりも成功率は高くなります。
内定者が自分の同期を自分で探してくる「採用活動は採用担当者が行う
もの」という既成概念にとらわれない採用手法です。

また、これは「内定者フォロー」の施策としても有効で、内定ブルーに
陥りやすい、この時期に内定者のモチベーションを上げる施策にもなる
のです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2017年12月 ゼロンアカデミー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催日時】2017年12月14日(木)14:00~17:00

【開催会場】株式会社ZHP総合研究所 会議室

【参加費用】無料

~講義内容一部紹介~

・最新機種情報~選び方と使い方:あなたの店ならコレを選びなさい!
・最新営業事例~最近はこんな!直近のグランドオープン店舗情報など

http://bit.ly/2yxlCtD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、祝日と祭日の違いですが、まず、祝日とは「国民の祝日に関する
法律」で定められている休日のことです。

なお、祭日は1948年に制定された「国民の祝日に関する法律」で祭
日とする日はなくなり、全ての祭日は祝日に統合されたのです。

戦前は、祝日と祭日が存在していました。戦前に存在していた「祭日」
には、祭りを行う日という意味の他に、皇室の祭典を行なう日という意
味もありました。

皇室の祭典には「大祭日」と「小祭日」があり「祭日」は大祭日を祝う
日でもありました。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加