経営者が果たすべき最も重要な仕事

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、先日フランスで開かれたカンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムド
ールを是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞しました。日本人が受賞す
るのは1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりだそうです。

ところで、このパルムドールとはいったい何なのかご存じですか?
その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■経営者が果たすべき最も重要な仕事 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社員のモチベーションが最も下がる理由は自社の方向性が見えなくなっ
た時なのです。目先の目標はあり、それに向けて頑張っているが、自社
が将来どのような会社になろうとしているのかわからない時に大きな不
安を感じてモチベーションが大きく下がるのです。

人はたとえ暗闇の中を進まなければならなくても、行く手にわずかな光
がさしているだけで歩を進める活力は生まれてくるのです。
しかし、行く手に何の手がかりも無ければ一歩を踏み出す勇気は湧きづ
らいのです。

今月の売り上げ目標や利益目標を達成しろと尻を叩かれたり、インセン
ティブで目の前にニンジンをぶら下げられたりしても、自社が、どのよ
うな戦略で、何に向かってどうなろうとしているのかがさっぱりわから
なければ、社員の「やる気」は湧くはずもないのです。

つまり、経営者は方向性という「坂の上の雲」を示さなくてはいけない
のです。方向性とは、自社が「いまどこで・どうなりたいのか・何をど
うやるのか・どうなったのか」の四つで、それをひとつ一つ説明する事
なのです。

社員に対して、理念を語り、目標を示し、戦略を立て、その戦略を戦術
に落とし込み現場展開をすることが方向性を示すという事なのです。
暗闇が深ければ深いほど、行く手に光は必要で、社員は進むべき方向性
がつかめれば安心し安定して、仕事に対する意欲が高まるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ワンデイ・ドリームマップ・セミナー2018年6月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ドリームマップR研修とは?
ドリームマップRは直訳すると「夢の地図」

従業員の方がそれぞれの夢の地図を描き、その夢の地図を共有し、お互
いの夢を応援し、応援されることが店舗の活性化につながります。

【開催日時】
 2018年6月10日(日) 10:00~17:00
 2018年7月16日(祝) 10:00~17:00

【開催会場】東京・渋谷 ZHP総合研究所会議室

【参加費用】初回 10,800円(税込)(含レッスン代・ワークブック代)
※再受講の方
・ワークブック購入:5,400円・ワークブック持参:3,240円

https://bit.ly/2IFdvDG
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□女子会 東京開催 「仕事の基本」セミナー 2018年6月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催日時】2018年6月19日(火)13:15~17:00

【開催会場】株式会社ZHP総合研究所 会議室

【参加費用】お一人様4,000円(税込み)

~講義内容一部紹介~
1.仕事の進め方の基本
2.報告・連絡・相談をちゃんと知る
3.成果が上がらないのは「目標」の立て方が間違っている
4.目標を達成させる「PDCAサイクル」
5.これからの目標を考える

https://bit.ly/2GgOXvj
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□2018年6月 ゼロンアカデミー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催日時】2018年6月21日(木)14:00~17:00

【開催会場】株式会社ZHP総合研究所 会議室

【参加費用】無料

~講義内容一部紹介~

・最新機種情報~選び方と使い方:あなたの店ならコレを選びなさい!
・最新営業事例~最近はこんな!直近のグランドオープン店舗情報など

https://bit.ly/2IEtDp6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、カンヌ国際映画祭の最高賞の名でもある「パルムドール」とは、
ヤシ科のナツメヤシのことで、西洋では勝利・栄誉の象徴とされカンヌ
市章にも使われているそうです。

カンヌ映画祭では1946~1955年まで最高賞をグランプリと呼ん
でいましたが、海辺にナツメヤシが立ち並んでいる開催地のカンヌ市に
敬意を表し、それ以降、同市の紋章であるナツメヤシの枝、つまりパル
ムドールを受賞記念の盾の意匠にしてグランプリの代わりに最高賞をパ
ルムドールとしたそうです。

もともとナツメヤシの枝は、古代メソポタミアや古代エジプトで永遠の
生命を表すもので、この象徴化は、当時からナツメヤシが重要な食料だ
ったことからきていると考えられています。

古代ギリシャでも競技の勝利者に「戦捷木(せんしょうぼく)」として
ナツメヤシの枝を与え、勝利と栄光を表すものともされたそうです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加