戦略人事とは人事が経営者の視点を持つこと

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、連日の猛暑に早くも夏バテの方もいらっしゃるのではないでしょ
うか?そのような時は、ついついシャワーで済ませがちですが、却って
湯船に浸かって汗を流すと疲れが取れるそうです。

しかし、お風呂に浸かると、ついつい「うぁ~」という声が出ますが、
それには、医学的な理由があるそうです。
その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■戦略人事とは人事が経営者の視点を持つこと ★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
戦略人事とは、オペレーションを中心とした従来の人事のあり方に対し
変化の早いこれからの時代に必要な人事の新しい役割とした新しい考え
方です。その中で、これからの「人事部」は経営のベストパートナーと
して、戦略的な視点で人事(組織作り、人材育成など)を考え、経営陣と
現場をつなぐ架け橋の役割を担わなければなりません。

人事部メンバーは経営陣の考えをわかりやすくかみ砕いて現場に伝える
と共に、現場から上がってくる声の中から「本質」を見抜いて、その内
容を経営陣に提言していく必要があります。具体的には人事部メンバー
は各現場に足を運び、各現場でのマネジメントの特徴を把握し、社員の
定着における人材開発を推進するために、現場リーダーを支援するフィ
ールドワークに時間とエネルギーを割くのです。

現場リーダーを支援するフィールドワークが確立されることで、人と組
織に関する問題発見と課題解決方法が見えてきます。
また、個別対応を基本とすることで現場リーダーだけでなく一般社員か
らの支持も得られます。この現場の問題点と課題解決策をベースとした
“採用・人材開発・退職”業務が確立したならば、それは、間違いなく
経営のベストパートナーとしての人事部になります。

“経営者目線の人事部”とは、自分たちが立案した人事施策が会社の業
績にどれだけ連動しているのか?どれぐらい売上に貢献しているのか?
どのようなインパクトを与えているのか?を明確化しなくてはいけませ
ん。そうすると、ただ採用計画を満たせばいいといった考え方にはなら
ず、嫌でも自分が入社させる社員がどういう部署に配属されているのか
どういう仕事をして、どのような業績を生んでいるのかまで、真剣に考
えるようになるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□創立25周年セミナー 静岡開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催日時】2018年8月23日(木)13:30~17:00

【開催会場】パルシェ7階 D会議室 (JR静岡駅直結)

【参加費用】お一人様2,500円(税込み)

~講義内容一部紹介~
チームビルディングセミナー
・チームのやる気を高める
・チームメンバーへの教え方

https://bit.ly/2KZjap7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、お風呂に入ったときの「うぁ~」の理由には、実は医学的根拠が
あるそうです。そもそも、日本人が大好きな入浴は、体内の老廃物や疲
労物質を排出するデトックス効果や、細胞を元気にして免疫力を高める
アンチエイジング効果があることは広く知られています。

さらに、精神的にもリラックス効果があることも科学的に認められてい
ます。これは、お湯に浸かっている時の呼吸に関係があるようです。

例えばヨガの呼吸方法は、ゆっくり長く息を吸って、ゆっくり長く息を
吐くことで自律神経を安定させて心身のバランスを整えますが、お湯に
浸かっている時は無意識にこの呼吸をしています。

“うぁ~”と声に出すのは息を長く吐くことと同じで、溜まったストレス
を吐き出して心身をリラックスさせているのです。

夏の疲れがたまっていますので、ぜひとも湯船に浸かり”うぁ~”と声に
出してリラックスされてはいかがでしょうか?

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加