前例のない新卒採用を乗り切るために

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、今年は、節電対策のため環境省が「スーパークールビズ」に取り
組む方針を明らかにしましたが、多くの企業では、ノーネクタイを主流
にした従来のクールビズでとどまり、スーパークールビズまで踏み込む
企業は、今のところ少ないようです。

ところで、暑さからくる「熱中症」ですが、これは真夏の炎天下だけに
発症するものと思われていますが、実は発症時期のピークはふたつあり
梅雨明け直後の発症例も多いそうです。

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■前例のない新卒採用を乗り切るために★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎日コミュニケーションズの調査によりますと、2012年春卒業予定
の学生向けの5月末の内定率は、35.9%と前年同期調査を5.5
ポイント下回りましたが、4月時点からは16.1pt増となりました。
これは、震災によって採用活動を停止していた大手企業が5月から再開
したことが影響しているようです。

なお、内々定保有者の今後の活動は「内々定先に満足したので就職活動
を終了する」としたのが53.3%に留まりました。
ようは、内々定を得ても、約半数の学生は就職活動を継続し、より自身
にマッチした企業を探している状況となります。

こういった背景もあり、今年は例年よりも内定辞退が増加する事が懸念
され、内定者フォローが重要になってきます。
では、企業は、どのような内定者フォローを行えばよいのでしょう?

内定者懇親会・グループディスカッション・実務研修等々、様々な手法
があるかと思いますが、どんな手法を使うにしても大切なのは、自社の
想いを伝えることになります。
社員がどのような価値観をもち、何に共感して働いているか?

内定者フォローというと、内定を出した学生に逃げられないようにする
施策というイメージがありますが、自社の想いを伝えきる期間でもあり
、そこに共感できない内定者は辞退してもらっても仕方ないと考える
必要があると言えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[新卒採用アドバイザリー]
http://www.zeron777.com/service/pachinko/saiyo_a.html
 ▼ ▼ ▼
個別の内定者フォロープランも対応可能ですので、お気軽にお問い合わ
せください。

[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
http://www.zeron777.com/archive/10/107ABKfjPB5BG8.asp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、なぜ、それほど気温の高くない梅雨明け直後に熱中症が多いのか
と言いますと、そもそも、熱中症とは体温の調節機能が破綻して、体内
の水分バランスが崩れて、体の体温を下げる能力が追いつかない状態を
指しますので、気温変化の激しい梅雨明け直後は、体が暑さに慣れて
いないため体温調節が効かなくなり熱中症になってしまうそうです。

ですから、この季節は、仮に30度未満であっても、熱中症対策が必要
となります。もし熱中症になってしまった場合には、まず涼しい所で
休むことが大切です。そのうえで、水分と塩分を補給しましょう。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加