既に新入社員の1割が会社を辞めたいと

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、先週から関東では厳しい暑さに見舞われ、埼玉県の熊谷では6月
史上最高の39・3度と20年ぶりの記録更新となりました。
6月から猛暑となっていますが、一番厳しいのは、節電の影響により、
外を歩いていても涼しい場所が無く、ちょっと涼んで汗を引っこませる
ということができない事ではないでしょうか?
しかし、考えてみればエアコンが無かった昔の人々は季節により添う知
恵を持っていました。

そこで、せっかくなら、節電をガマンで過ごすのではなく、知恵で楽し
く乗り越えたいと思います。

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■既に新入社員の1割が会社を辞めたいと★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リサーチ会社のメディアインタラクティブが今春の新入社員に対して、
5月にアンケート調査したところによると、5月病の症状を自覚して
いる人は全体の28.7%に達し、心境や体調の変化を聞いた設問では
疲れがたまってきたが47.1%で最も多く、次いで、まだ緊張してい
るが40.1%と、ネガティブな回答が上位を占めた。

早くも「正直、仕事を辞めたい」との回答も9.9%と約1割いた。
スキル、知識だけではなく、新入社員の心のケアにも気を配る必要が
あります。

理由としては、研修では「報・連・相」と教えられたが、いざ、現場に
出てみると、担当の先輩が、忙しそうでなかなか質問できないや質問
をしても適切な回答が得られないというものが多いそうです。
こういった状態が続くと新人は孤独を感じ、人間関係に不安を抱き、
退職へと気持ちが傾いてしまうのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[ゆとり教育世代の新人教育]
今年の春の新入社員の1割が「会社を辞めたい」と考えています!
嘆いていても始まりません、教育して戦力化しなければ企業の成長は
無いのです。

http://www.zeron777.com/service/pachinko/ken_yutori.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、知恵で乗り越える暑さ対策ですが、古くからの五感で涼を取る
方法として打ち水をする。夏野菜や季節の果物を食べれば体の内側から
冷やす事が出来ますし、風を音色に変える風鈴を設置するという方法も
あります。

また、新定番として多く紹介されている「イマドキのステテコ」は部屋
着としてもかわいい物がたくさんおり、サラッとした肌ざわりは通気性
が優れていますので、試してみたいものです。

日本古来の暮らしの知恵で、楽しみながら暑さを乗り越えましょう!!

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加