求職者目線で募集原稿を作っていますか?

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

さて、関東ではうるう年の2月29日の積雪で交通網はだいぶ混乱して
いました。混乱と言えば長いこと争いの続いていた携帯電話の新周波数
帯がソフトバンクに割り当てられることになりました。
この周波数帯はプラチナバンドと呼ばれ、電波の質が良く、室内や建物
の陰、山間部でも届きやすい周波数帯だそうで、携帯各社の争奪戦にな
っていましたが、このたびソフトバンクが獲得したそうです。
これによって、ソフトバンクのアイフォンユーザーはメリットを享受で
きるようです。

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■求職者目線で募集原稿を作っていますか?★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、人材採用のマーケットは日に日に厳しくなっています。
こうした厳しい採用環境では、募集時の工夫が不可欠となりますが、そ
れを考える際に重要なポイントとなるのが、求職者個人の視点に立ち返
って訴求ポイントを再点検することです。
なぜなら、「企業が採用で満たしたいこと(企業の視点)」と「個人が
企業に求めること(個人の視点)」の間には、大きな違いがあるからで
す。企業が求人をする際に発するメッセージは、「○○ができる人、当
社で働きませんか?」というような視点で語られることが多く、逆に求
職者は「○○が実現できる仕事(会社)はないか?」と考えます。つま
り、そもそもの行動背景が違うのです。   
 
ですから、いくら企業としては熱いメッセージと思いを発しても、「企
業の視点」から語っている限り、求職者の心には響かず、かみ合いもし
ないのです。自社に勤務することで、何を達成できるのか?求職者の側
に立った「個人の視点」でアプローチすることが重要なのです。

まさか、御社の募集広告は「明るく元気な人募集!!」になっていない
ですよね? 奇しくも、本日(3月1日)の日経新聞の私の履歴書では大和
ハウス工業の樋口会長が、自身が転職を決意した募集広告のキャッチ
コピーについて記述されており、それは「モーレツ企業、大和ハウス」
だったと書かれています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新卒採用アドバイザリーサービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年は「ソー活」という新しい手法も生まれています。

まずは我々と一緒に成功のフローモデルを作り、最終的にはお客様だけ
で新卒を採用できる体制構築を目指します。

~採用担当者向け研修~
毎週一回、約三カ月間の集中講義で、自社オリジナルの『採用ノウハウ』
が出来上がります!!

http://bit.ly/o3HXe6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、iPhoneユーザーのメリットですが、900MHz帯の割り
当てにより、「繋がりやすくなる(エリアが増える)」ことと、2GH
z帯と900MHz帯2つの帯域を使えることによるトラフィックの分
散で快適な通信の機会が今より増えるという2点になるそうです。

携帯電話の電波として900MHz帯が利用できるようになるのは、
2012年7月からだそうです。
ソフトバンクiPhone4、4Sユーザーは今後設備などが整ってい
くにつれ、プラチナバンドの恩恵を受けることができそうです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加