釣り人が黄金の釣り針を使うことはない

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、梅雨明けが、いつになるのか気になる季節になってきましたが、
天気予報で言う「一時雨と時々雨」の違いをご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■釣り人が黄金の釣り針を使うことはない★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ローマ帝国の初代皇帝「アウグストゥス」の言葉で「釣り人が、黄金の
釣り針を使うことはない」というものがあります。

この言葉の意味は、大漁を目指す釣り人は「今日は魚をたくさん釣りた
い」と言って、わざわざ特別な高額な釣り針を用意するのではなく、
いつもと同じ釣り針を用意するということです。

つまり、良い結果を出そうと思ったら、今日だけ特別な手法を用いれば
いいということではなく、いつものように取り組み、その積み重ねで結
果を出すのだという意味なのです。

数百年も続くローマ帝国の礎を築いた、稀代の政治家であるアウグスト
ゥスは、何か特別な手法を使うのではなく、日々為すべきことを淡々と
こなすことで政治は成るということを知っていたのです。

これは、人材採用でも同じことです。

何か特別なテクニックやノウハウを駆使しなければならないと思ってい
る人は結構多くいます。
しかし、それは目の前の些細なテクニックを追っているに過ぎず、本来
の人材採用を進捗させていくためには、むしろ日常的にマーケティング
活動をコツコツと継続していくことのほうが、よっぽど大切なのです。

釣りは、黄金の釣り針を使うからといって、釣れるようになるのではあ
りません。特に、生活のために魚を釣っているとしたらなおさらです。
黄金の釣り針を使ったら突然バンバン釣れるわけではないし、いきなり
大物が釣れるようになるわけでもありません。
ポイントを変えたり、潮流のタイミングに合わせたり、また時にはジッ
と待ち続けたりして、釣れるようになります。

人材採用で自社の求める人材を採用するためには、何か黄金の釣り針と
なる特殊なモノが必要なのではありません。
”何か、良い採用のテクニックはありませんか”・”何か、良い採用のノ
ウハウはありませんか”などという、黄金の釣り針のような最終兵器を
求めても、それでは、永続的に人材採用を進めていくことはできません。

人材採用とは、やるべきことを淡々とやっていくことです。
それは決して特別なテクニックやノウハウではありません。

採用担当として、為すべきことを為す、やるべきことをやる。
その繰り返しが、長い利益を産んでいくのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ホール企業内定者向け研修
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 内定者の入社意識を高める 
□ 内定者に業界について知ってもらう 
□ 内定者にパチンコ業界を好きになってもらう 

パチンコホールを熟知したゼロンだからこそできる「ホール企業内定者
向け研修」

http://www.zeron777.com/service/pachinko/ken_naitei.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、「一時雨と時々雨」の違いですが、気象庁によりますと、一時雨
とは、雨が連続的に降り、その降っている時間が予報期間の四分の一未
満のときで、時々雨とは、雨が断続的に降り、その降っている時間が予
報期間の二分の一未満のときのことだそうです。

つまり、曇り一時雨という予報の場合、全体的に曇りだけれど、一日の
どこかで六時間未満の雨が降る。ときにやむとしても雨の切れ間は一回
一時間未満であるということになります。

雨の多い時期ですが、天気予報をちょっと気にしてみてください。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加