つい部下を怒鳴ってしまう人の処方箋

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、米国メジャーリーグではオールスターゲームで盛り上がっていま
すが、過去、メジャーでも活躍した城島選手が良いキャッチャーの言葉
として残していますが、これはマネジメントにも活用できるのです。

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■つい部下を怒鳴ってしまう人の処方箋★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の欠点が分かっていて、変わりたいという人がよくいますが、人は
根本的には変われないのです。
ただし、考え方と行動は変える事ができます。その考え方と行動を意識
して変え、それを習慣として定着させることができれば、本質的な部分
は変わらなくても、人生は大きく変わっていくのです。

仕事ができるマネージャー程、部下の仕事が遅かったり、雑な仕事をし
ているのを見てしまうと、頭ごなしに怒ってしまいがちです。
直そうと思っても短気な性格ゆえ、なかなか上手くいきません。

そのような自分を変えたいと考えた場合、どのように考え方と行動を変
えれば良いのかと言いますと、部下の仕事ぶりでイラッと来た時に効果
的なのは、自分を客観視する方法を取ることなのです。

具体的には、「部下にイライラして怒りたい自分がいる。さてどうしよ
うか?」とつぶやくのです。

こうつぶやいてみると、怒りの感情で一杯だったものが、客観視できる
のです。そうすると取る行動も感情にまかせてということが減り、少し
冷静に考えて行動できることが増えてくるのです。

自分を変えるためには、まず始めに自分をきちんと客観視できること。
自分自身が変われば、取り巻く世界が一変します。
今まで、自分の顔色をうかがいながら受け身で仕事をしていた部下が、
提案をしてくるようになるとか、言わなきゃ行動しないと思っていた部
下が、率先して新人の指導をし始めたりとかです。

つい、部下を怒鳴ってしまい後で後悔しているという方はチャレンジし
てみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンの「ホール企業向け内定者研修」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[パチンコホールに特化したゼロンだからできる!!]

内定者の入社意識を高める
内定者に業界について知ってもらう
内定者にパチンコ業界を好きになってもらう

http://bit.ly/pc4b1L
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、メジャーで活躍した城島選手が語った良いキャッチャーの言葉で
すが、これは「ダメなキャッチャーというのはね、打たれたくないとい
う気持ちから、ピッチャーに細かいコントロールばかり要求してしまう
んだ。でも、そうするとピッチャーは腕が縮こまって、いいボールが投
げられなくなる。反対にいいキャッチャーというのは、『打たれたらオ
レが責任取るから、とにかく思いきって投げてこい』と言ってやれるの
そうすると、ピッチャーは腕が振れるようになって、かえっていいボー
ルが投げられるようになる」と言っています。

これは、マネジメントにも活用できると言えます。
優秀なマネージャーは部下に対して、失敗を恐れずにどんどんと新しい
提案を出せと言い、まさに、失敗したら自分が責任を取ると言うもので
す。これによって部下は大胆に挑戦ができるのです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加