顧客第一の落とし穴

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、3月も残すところわずかとなり、4月からは消費税増税という事
で対応に忙しい事と思います。電車料金などはICカードと現金で相違
があるなど複雑になっています。

ところで、回数券ですが、電車には有効期限がありますがバスには有効
期限がありません。
その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客第一の落とし穴★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営者が「顧客第一」を唱えたとき、会社が傾くというのは経営コンサ
ル業界では定説になっています。ある調査によると、何らかの形で「お
客様第一主義」か、それに近い言葉を企業理念に盛り込んでいる会社は
日本企業の実に7割以上になるそうです。

しかし反面「お客様第一主義」を挙げながら、ごり押し営業をしていた
り内向きな経営スタイルの企業が多いのも事実です。
実際、社内に額に入れて「顧客第一・お客様第一・顧客視点・現場主義
・顧客起点」などの言葉があれば、間違いなく”実際はそうなっていな
いか”経営者に問題がある”ということが多いのです。

小学校の廊下に「廊下は走らない!」というポスターが貼ってあるのと同
じ理屈です。
つまり、当たり前のことである「顧客第一」を挙げないといけないほどの
危機的な状況ということを内外に示しているのです。

しかし、同じ顧客第一でも、一歩踏み込むことで、本気の「お客様第一主
義」を実現することができるのです。
それは、顧客第一とはなにか?それをそれぞれの会社固有の理念に基づき
具体的アクションや評価に結び付けるのです。
ある企業では「どんな場合もお客様に笑顔で帰っていただき、笑顔でお送
りできるようにしましょう」とありました。

単に「お客様第一主義」という言葉だけをスローガンとして挙げてもスタ
ッフには伝わらないのです。逆にお客様の要望だからと赤字垂れ流しのま
まやめられないものが増えてしまい会社がつぶれます。

大切なことは企業理念に必要な「なぜ」を説明することなのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンの「ホール企業向け内定者研修」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[パチンコホールに特化したゼロンだからできる!!]

内定者の入社意識を高める
内定者に業界について知ってもらう
内定者にパチンコ業界を好きになってもらう

http://bit.ly/pc4b1L
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、電車の回数券には有効期限があってバスにはない理由ですが、電
車の回数券は乗車券であり、乗車券は旧運輸省の省令により通用期間を
記載する事と決められているためです。

一方、バスの回数券は金券扱いのため有効期限を定めていません。
(事業者によって一部扱いが異なります)
なお、金券式の回数券は有効期限はありませんが、増税後には差額の支
払いが必要で乗車券式の回数券は差額の支払いは不要だそうです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加