社員の4つのステージ

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、明日はハロウィンですが、すっかり日本にもこのイベントが定着
しました。その後、11月になると一気にクリスマス色が高まりますが
そもそも、サンタクロースはどこに居たのかご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社員の4つのステージ★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社員が成長するうえで4つのステージがあります。
1)スターター 2)プレイヤー 
3)メインプレイヤー 4)リーディングプレーヤー

新入社員であれば、全員が「スターター」からキャリアをスタートさせ
さまざまな経験を経てステージを登っていきます。
自社の社員をこのステージで4分類した場合、自社ではどの階層が順調
に成長しているのかが分かるのと同時に成長が滞っている階層があるこ
とに気づかれるのではないでしょうか?

一般的に「スターター」や「プレイヤー」のステージでは新入社員教育
から始まり、比較的手厚い育成施策がとられていますが、一人前と言え
るレベルに達した「メインプレイヤー」以降のステージでは教育はどう
しても手薄になりがちです。

各ステージの役割について記します。
1)スターターはビジネスパーソンへと転換するステージです。新入社
員が社会人としての意識へ切り替えるステージなのです。
2)プレイヤーは、どの時期からプレイヤーとしての役割を期待される
かは企業や職場によって異なりますが、概ね「後輩が入り一番下の立場
ではなくなる」「自分の担当業務をもつ」「先輩の仕事を引き継ぐ」な
どが代表例です。
3)メインプレイヤーは創意工夫を凝らしながら、自らの目標を達成す
るステージです。
4)リーディングプレーヤーは組織業績と周囲のメンバーを牽引するス
テージです。

”メインプレイヤー”と”リーディングプレーヤー”は年齢の幅が広いのも
特徴です。一通りの仕事をこなす力や経験も身についています。
しかし、それゆえに、いつ何を変えなくてはいけないのかのタイミング
や内容があいまいになりがちなのです。
新入社員以外の社員に、ほぼ同じような指導をしてしまっている可能性
があります。それを、ステージにあわせて関わりを変える指導へと変化
させることが必要です。
特に次のステージへの転換が始まるときこそ「伸ばす」意識・行動を社
員が身につけられるように丁寧に関わっていく必要があります。

また、「指導・育成」と併せて必要となりますのは「評価」になります。
通常、評価をする際には業績・成果をいかにあげたか?ということが主
になりますが、その観点だけですと若手よりも経験豊かなベテランの評
価が常に高いという結果になることもあるでしょう。

つまり、業績だけではなく「今、その部下にどのステージの役割を期待
しているか?」ということも考慮に入れることで大きく変化します。
例えば「リーディングプレイヤー」の役割を要望している部下が、業績
はあげているもののチームへの貢献が低い場合などは、業績のみで評価
してはいけないのです。

社員一人ひとりが、ビジネスパーソンとして成長し、事業を前に進める
人材になるかどうかは、人事施策と現場のマネジメントの両輪が必要不
可欠です。そのためには経営層は社員が順調にステージを登っていくた
めの仕掛けを設けなくてはいけません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンの「ホール企業向け内定者研修」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[パチンコホールに特化したゼロンだからできる!!]

内定者の入社意識を高める
内定者に業界について知ってもらう
内定者にパチンコ業界を好きになってもらう

http://bit.ly/pc4b1L
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
何もわからないまま、突然、新卒採用に任命された担当者の奮闘記

bit.ly/1tcT2oY
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、サンタクロースは北欧からそりに乗ってやってくるイメージが強
いですが、実際はトルコの司教だった聖ニコラウスに由来します。

聖ニコラウスが嫁入り準備をしていた貧しい町の娘に持参金として金貨
入りの財布を夜中に部屋へ投げ入れたことからプレゼント伝説が始まっ
たとのことです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加