人材採用における根本療法と対症療法

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、秋風を感じる日々となってまいりました。秋と言えば食欲の秋な
どと申しますが、実際にスーパーやデパートなどでは秋になりますと、
スイーツ売り場が増えます。

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人材採用における根本療法と対症療法★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当社では人材採用のお手伝いをしておりますが、その際に開口一番「使
えるノウハウを教えて欲しい」と仰る方がいらっしゃいます。
そのような質問をされる方は、どんなノウハウを求めているのかと言い
ますと「対症療法的ノウハウ」なのです。

不満のある現状を打破し、あるべき姿に変える手法をノウハウだと思っ
ているようです。しかし、そのようなノウハウは、対症療法ですので、
根本的には何ら変化しないのです。

つまり、歯痛に例えるならば、歯が痛い時に、痛み止めの薬を服用して
痛みを緩和しているのに過ぎないのです。
では、根本療法とはどのようなものかと申しますと、歯科に行って虫歯
を治療するだけでなく、虫歯になった原因を突き止めて、その原因を取
り除くことなのです。

人材採用において、求人広告の媒体を変えたり、告知内容を変えたりし
て応募者数を増やすような方法が対症療法ノウハウなのです。
それに対して、根本療法は採用にかかわる全業務を洗い出し、課題点を
見出したうえで、採用業務を一から組み立て直すのです。

これは、対症療法的な派手さは無く、地味でコツコツと実践していくよ
うなノウハウがほとんどですが、自分自身で土台を作りますので、地味
ではありますが、極めて重要なノウハウとなります。

学びを選り好みして、見かけの派手な手法を取り入れても、安定した結
果が出なかったり、使う人の高い資質が求められような、対症療法的な
ノウハウではヘタをすれば、より問題をこじらせる、マイナスに働く事
にもなりかねません。

もし、貴社がノウハウを求め、学び、実践しているにも関わらず、望み
通りの結果が出てなければ、貴社が実践しているのは対症療法ノウハウ
ばかりで、根本療法をしていないのかもしれません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンの「ホール企業向け内定者研修」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[パチンコホールに特化したゼロンだからできる!!]

内定者の入社意識を高める
内定者に業界について知ってもらう
内定者にパチンコ業界を好きになってもらう

http://bit.ly/pc4b1L
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
何もわからないまま、突然、新卒採用に任命された担当者の奮闘記

bit.ly/1tcT2oY
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、秋にスーパーやデパートのスイーツ売り場が増える理由ですが、
直接的な理由はスイーツの売り上げが上がるからです。

では、なぜ、秋になるとスイーツが売れるのかと言いますと、科学的根
拠があります。それは、秋になり日照時間が短くなるとセロトニン(幸
せホルモン)の分泌が減少します。これまでどおりの生活では、幸せに
感じることが少なくなるのです。

甘いものを食べるとセロトニンの分泌が一時的に増えますで、人は無意
識に甘いものが食べたくなるのです。

秋の夜長は甘いものを食べて幸福感に浸るのも良いかもしれません・・・

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加