なぜ、座学は身につかないのか?

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、すっかりと秋も深まってまいりましたが、9月27日には中秋の
名月となります。昨年は9月8日でしたので、今年はだいぶ遅くなりま
すが、その理由や中秋の名月のいわれはご存知ですか?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■なぜ、座学は身につかないのか?★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナーを実施していますと、参加者の方から 「それは●●が言って
いた●●というものですよね?」と仰る方が居ます。
実は何気ない、この一言を仰る方は、大抵、知識が実践に活かされない
のです。

それは、学びがその人の人生にとって実りあるものにはなっていないか
らなのです。
知識は体験と結びついて初めて身に付く学びとなるのです。「ああ、あ
のときの体験が上手くいったのは、この●●を知らず知らずのうちにや
っていたんだ!」や「ああ、あのとき上手くいかなかったのは、この●
●をやらなかったからだった!」といったように、成功体験なり失敗体
験に紐付けていくことが、 学びを深め、その学びを実りあるものにし
ていくことにつながっていくのです。

そういう学び方をしている人は、その学びを、自分の人生にも活かして
いく事ができ、さらに、知識と体験の紐付き方が太くなっていくのです。
大切なことは「今、自分はなんのために学んでいるのか?」ということ
を明確にするということです。

単に知識欲を満たしたくて学んでいるのか。自分の人生を変えようと思
って学んでいるのか。
その目的を、自分自身に対して明確にしなければ、適切で必要な学び方
など判るはずもないのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[女子会]東京と高松で開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性講師による、女性のための、女性限定セミナーです。
パチンコホールの女性スタッフを熟知した講師が企画・運営する
セミナーです。
--------------------------------
<高松開催> アイキャンディ×ゼロンのコラボセミナー

[開催日時] 2015年10月6日(火)サンポートホール高松
[受 講 料] 3,000円(1名/税込み)
--------------------------------
<東京開催> 業界知識UPセミナー

[開催日時] 2015年10月28日(水)TKP渋谷カンファレンスセンター
[受 講 料] 4,000円(1名/税込み)

http://bit.ly/qBkUOh
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、中秋の名月ですが、これは旧暦の8月15日が十五夜お月さん=
中秋の名月ということなのです。

また「中秋の名月」という呼び名のいわれは、旧暦を使っていた時代は
四季を3ヵ月毎に区切っていたそうです。秋は7月、8月、9月。
7月・8月は夏のように感じますが、当時は秋だったようです。
更にこの3ヵ月間を3つに区切り、それぞれに初、中、晩をつけて呼ん
でいました。7月は初秋、8月は中秋、9月は晩秋となります。
すると8月の満月は中秋の満月。

そしてこの頃になると空気も澄んでお月様がクリアに見えるようになっ
てきます。今の暦でいうと9月から10月の初め頃の季節。日中は暑さ
が残っても日が落ちると秋の気配。日暮れの早くなった空にクリアなお
月様がポッカリと浮かぶ姿は美しく「中秋の名月」と呼ばれるようにな
ったそうです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加