採用したい人材を口説く術

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、先週末のハロウィンでは仮想した若者で繁華街は大変なにぎわい
となっていました。

海外から来たもので古いものでは「トランプ」がありますが、なぜ、ジ
ョーカーは男性に見えるのにババと呼ばれるのでしょう?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■採用したい人材を口説く術★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
採用したい人材を口説くとき、採用側が強く意識しなくてはいけないポ
イントは二つあります。一つは「何をやるか」ではなく「誰とやるか」
という軸で口説くことです。

つまり「こんな仕事ができる」ではなく「こんな魅力的な人たちと仕事
ができる」というアプローチをするのです。
そのためリクルーターには、学生時代に体育会の主将やサークルのリー
ダーを務めていた魅力的な人を優先的に配置しなくてはいけません。

そのような魅力を持つ、自分たちと近い存在の先輩がやりがいを持って
働く会社で一緒に働きたいと思ってもらうのです。
人事部長や取締役のおじさんが説明しても共感は得られないのです。

もう一つのポイントは「何か面白いことができそうな可能性」をアピー
ルすることです。
パチンコホールの仕事は「中の人」から見ると当たり前のことですが、
今の若年層の人から見るとすべてが未知の世界なのです。
それを魅力的に説明し「この会社なら面白いことができそうだな…」と
思ってもらい「この人となら働いてもいいな…」と思ってもらうのです。

一緒に働く人に対する魅力と、それが何かはわからないけど何かできそ
うなワクワク感。この二点があれば、競合する一流企業の内定を蹴る大
きな理由になるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[女子会]北陸地方で初開催【金沢会場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性のための、女性限定セミナーです。
パチンコホールの女性スタッフを熟知した講師が企画・運営する
セミナーです。
--------------------------------
<金沢開催> 女性リーダー力向上セミナー

[開催日時] 2015年11月10日(火)金沢勤労者プラザ(きんぷら)
[受 講 料] 9,000円(1名/税込み)

http://bit.ly/qBkUOh
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、トランプのジョーカーがババと呼ばれる理由ですが、これは「バ
バ抜き」というゲームに起因しています。

元々ババ抜きはオールドメイドというゲームでした。これはクイーンを
一枚抜いて最後までクイーンが残ると負けというルールでした。
つまり最後に残ったクイーンは老婆ということです。

それを日本ではジョーカーが最後に残ると負けというルールにしたので、
ジョーカーはババと呼ばれるようになったそうです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加