企業が成長するための人事制度

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、今週のテレビ番組「マツコの知らない世界」では、今もなお進化
し続けている「リカちゃん人形の世界」の奥深い魅力が紹介されました。
知らない人はいないであろうと思われるリカちゃんですが、あまり知ら
れていない「大物が関係する裏話」があるのです。

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業が成長するための人事制度★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業がステップアップするためには定期的に人事制度を改革することが
必要です。それは、自社の方向性に合致するコア人材を確定し周知する
ことで社内の活性化が図れ成長につながるからです。

まずは、現行の資格制度や処遇、人事考課制度、能力開発制度などにつ
いて「刺激性・公正性・納得性」の3つの視点で検討してみると新しい
制度のデザインが見えてきます。

刺激性とは?メリハリを利かせる信賞必罰で貢献度で差をつけること。
公正性とは?透明度の高いオープンな制度。
納得性とは?多くの社員が理解し納得できること。

新しい制度のデザインが見えてきましたら、次は人事戦略を構築してい
きます。自社にとってコア人材とは、どのような人材なのか、女性や中
高年者の活用は将来的にどうするのかなどです。

併せて人件費の確定が必要となります。自社の中長期計画の中で、将来
的に人件費をどの程度確保できるのか、それをどのような形で配分する
のかを検討する必要があります。

人事制度改革と言いますと、評価用紙を変えて「その用紙を使えばみん
なが同じように納得できるようになる制度」や「今の仕組みでは原資が
足らずに困るので、できるだけ原資がかからないような報酬制度を作る」
というケースがありますが、そのような方法は小手先だけの改革であり
決してうまくはいきません。

経営学者のドラッカーは、企業経営の中で一番大事なことは、目標をマ
ネジメントすることだと述べました。
全従業員を巻き込んで考え抜かれた具体的目標を示し、全従業員に対し
て役割責任を明確にして徹底し、その成果を透明度の高い方法で考課評
価すれば納得度が上がり、社内は活性化し企業は成長できるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンの「ホール企業向け内定者研修」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[パチンコホールに特化したゼロンだからできる!!]

内定者の入社意識を高める
内定者に業界について知ってもらう
内定者にパチンコ業界を好きになってもらう

http://bit.ly/pc4b1L
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
何もわからないまま、突然、新卒採用に任命された担当者の奮闘記

bit.ly/1tcT2oY
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、リカちゃん人形の秘密ですが、まず、リカちゃんはタカラトミー
(旧タカラ)製の着せ替え人形玩具です。
フルネームは香山リカで、累計出荷数は5300万体を超えるそうです。

リカちゃんの設定は、フランス人と日本人のハーフになっています。
これは、発売当時にハーフの少女タレントの高見エミリーさんが人気だ
ったことからだそうです。CMでも高見エミリーを使う予定があり、社
内ではまだ名前が未定だったリカちゃん人形をエミリーと呼んでいたそ
うです。

このリカちゃんのモデルとも言える「高見エミリー」さんは、ご結婚さ
れて、今は「鳩山エミリ」さんとなられています。
ご主人は自由民主党の衆議院議員である鳩山邦夫元総務大臣なのです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加