人事評価制度を考える

ゼロンメルマガ事務局の昆野です。

こんにちは!いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
さて、早いもので、ついに1年の締めくくり12月となりました。
12月は師走と言い、師も走るとなっていますが、この師とは誰の事で
しょう?

その秘密は後半に記しますので、最後までお読みいただければ幸いです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人事評価制度を考える★☆★☆★☆★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
90年代以降、各社が導入した成果主義ですが、結果的に成果主義の評
価制度が機能しないケースが多いです。
その中で、成果主義はなぜうまくいかないのか。成果主義にはどのよう
な特徴があるのかを解説します。

まず、評価制度の根幹ですが「人」ではなく「仕事」を評価しなくては
いけません。つまり、その人が「どのような能力や志向をもっているか」
ではなく、その人が「どのようなことを成し遂げたか」を重視し、それ
に応じて賃金を支払うのが、真の「成果主義」の考え方です。

しかし、このような考え方が馴染みにくいのは事実で、その理由は、日
本では長期雇用の慣習が根づいており、長い時間をかけてその人の能力
を伸ばしていくという観点で社員を評価する文化があり、そこへ急ごし
らえで成果主義を導入したため、様々な矛盾が発生し、結果として失敗
したケースが多くなりました。

また、欧米では仕事を厳格に査定する成果主義が、すべての社員に適応
されているわけではありません。
多くの欧米企業では、マネジャークラスと現場社員の評価基準が明確に
分かれています。

成果によって収入が大きく異なるのはマネジャー以上のクラスで、現場
社員には職務に応じた給与が支払われるケースがほとんどです。

つまり、本来、ライン上に勤務し、ルーティンワークをこなすスタッフ
に対してまで成果主義を求めたうえに、結果として昇給を過去と比較し
て抑制したことで、多くのスタッフに成果主義は人件費を圧縮するため
に導入された制度であると認識され、そっぽを向かれてしまったのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゼロンアカデミー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2016年 営業考察]
新台・新店・業界情報・・・2016年のパチンコ業界動向予測
ゼロングループのコンサルタントが”完全無料セミナー”を開催

日程 : 2016年1月14日(木) 14:00~17:00
会場 : 渋谷(ZHP総合研究所セミナールーム)

http://bit.ly/1QSWiEr
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[小説 パチンコホールはじめての新卒採用]
何もわからないまま、突然、新卒採用に任命された担当者の奮闘記

bit.ly/1tcT2oY
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、師走が示す「師」は誰かと言いますと、諸説あり、普段は沈着冷
静な学校の先生達も、忙しくて走り廻るという意味もありますが、ちょ
っとピンときません。

さらに、師とは師団のことで、年末になると忙しくなるので、兵隊さん
も走る様になるという説もありますが、これも、いまいちです。

そして、年末になると、お経をあげるために、檀家回りでとても忙しく
なる、お坊さん(師僧)が走るというのがありますが、これが一番有力の
ようです。

また「はす」は「果てる」、つまり終わりとする説もあります。「し」
は「仕事」で「はす」は「終わる」つまり12月は仕事が終わるという
意味です。

このように、師走には「走る」という意味と「終わる」という二つの意
味が有ります。

何かと慌ただしい世の中ですが、多忙のため、なりふり構わずに、あち
らこちらと走り回っていたら、一年が過ぎていたというのでは、ちょっ
ぴり寂しい気がします。

ゆとりを持って事に当たり、年末には、ゆっくりと一年を振り返るよう
にしたいものです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加