4パチ再生の挑戦を始めたピーアーク

4パチ再生の挑戦を始めたピーアーク

業界で一番最初に1パチを導入したピーアークが、今度は4円でパチンコを再生させる挑戦を始めた。パチンコ業界としても売り上げが1/4になる1パチよりも、4円で再生できればそれに越したことはない。

4パチ再生プロジェクトに乗り出したのは昨年12月27日、東武スカイツリーライン竹ノ塚駅前にグランドオープンした「ピーアークぴーくんプラザ」。もともと、この店舗は創業の地の本店で、ここ10年間はアドアーズのゲームセンターに貸し出していた。

創業の地で4円を復活させる、というピーアークの本気度がこの店舗には込められている。

総台数は112台。かなり小型店舗だがそれはスシロー、ドトールコーヒー、セガとの複合店舗にしたため、あえて遊技面積を削った。

複合にした狙いは、昨今のパチンコ店出店反対運動にあった。パチンコ単体では許されない雰囲気がある中で、町の人が食べたり、くつろいだりできる施設を取り入れるほうが、地域との共生にもつながる。

では、どうやって4円を再生するのか? それは交換率にあった。36玉=2.8円で営業している。スロットを設置すると一物一価の問題もあるため、スロットの導入は見送った。それ以前にスペース的な問題もある。

交換率の次は機械だ。現在のホール経営を逼迫させている機械代の負担を少なくするために、大半が中古台。今回の新台は沖海3の甘デジのみだ。機械代負担を下げれば損益分岐点も低くなる。

新店ながら機械・設備を含めて総投資額は1億円程度に抑えられている。

4円復活の本題はここからだ。

お客さんが不満に感じる、回らない、大当たり時の出玉削り、という不満をすべて取り除いた釘になっている。いわゆる「ぶん回し」営業だ。

ミッションは収益を上げることではなく、稼働を上げることなので、ピーアークの社員も打ちたくなる釘となっている。

「10割を越せない営業はパチンコとしてつまらない。パチンコは打ってみたら楽しいんだぞ!ということを皆さんにもう一度知っていただきたい。パチンコの楽しみとは、ずばり出玉です。玉が増える楽しみです。ベースが甘く。他入賞口も入ります。等価営業では絶対にできなかったことをやります。毎日、安心して遊べる店にしていきます」(同ホール関係者)

営業方法も1000個、4000個終了コーナーがある。定量制営業というところにも、ぶん回す覚悟が見て取れる。

ピーアークの輪が全国に広がれば、スリープユーザーだけでなく、新規顧客も開拓できる、というものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加