温故知新のためにも新・電子立国パチンコを今見よう

温故知新のためにも新・電子立国パチンコを今見よう

新・電子立国。1995年10月から1996年6月にかけてNHKスペシャル枠で放送されたドキュメンタリー番組で、第3回目となる1995年12月24日 に放送されたのが「 パチンコ~17兆円産業のシステム~」だ。

ユーチューブでこの20年前の放送を見ることができる。95年(平成7年)といえば業界が右肩上がりでピークを迎えようとしていた時代だ。改めて思うことは、今の時代では絶対に放送はできない内容、ということだ。それだけに必見の価値がある。

まず、気になったのがこの番組タイトルである。95年に放送されているが、当時の市場規模は30兆9050億円で、まず、タイトルが間違っている。

番組では1個1個の玉の管理をコンピュータで行っていることに迫るわけだが、その中で建築中の新店がグランドオープンするまでを克明に紹介する。

20年前の機械代は1台15万円~20万円の時代。このパチンコ店には300万個の玉が流れ、機械の投資額が8000万円。当時の機械は1/200が主流で賞球は7&15。

グランドオープンの準備が進む中で、各台のデータ取りをしながら、台の調整をして行く。この店は女性のアルバイトを多数雇って試験打ちをした。「女は打つのが下手くそだから、そういうデータが本当のデータになる。機械打ちしたデータよりも現実に近い」と営業本部長は説明する。

当時はメーカーの営業マンがグランドオープン用の釘を叩いていた時代で、各社の営業マンが実際に釘を叩いているシーンが流れる。釘調整が違法といわれる今、貴重なシーンである。

グランドオープンに際し、本部長が各メーカーの営業マンに指示した出玉率は200%だった。ところが、初日に200%を超えたのは1機種のみで、本部長の要求に応えられることができず、翌日の営業のために閉店後の店内で再び営業マンが釘を叩く。

当時は40玉交換の時代で、損益分岐点は160%、16割営業の時代。従って200%ぐらい出して、初めて玉が出ているように見えるし、感じる。にもかかわらず8割とか12割、14割の台がごろごろ出たために、本部長の機嫌がすこぶる悪かった。

カメラは各台の目標出玉率が書かれた紙を大写しにする。その中で当時のベースが48とか45とかいう数字に驚かされた。40玉交換時代だからそれが普通だった。

大当たりしなくてもベースでも玉持ちが良かったことが伺える。連チャン機全盛ではないからベースを殺すこともなかった。

業界は等価交換へ舵を切ったことからギャンブル化が加速して、遊技客を激減させることになった。本来の遊技として盛り上がっていたのがこの時代でもある。

温故知新のためにも業界人は観るべきだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加