企業理念とビジョンは一貫性が重要!

企業理念とビジョンは一貫性が重要!

企業理念・経営方針は、採用活動を決定付ける重要なファクターです。

企業側から見ますと「理念・ビジョン」というのは、あいまいに感じるのですが、求職者は会社を決める判断材料に、「企業理念・経営方針」をあげています。
これは、企業理念は社長や社員の人物像や働きぶりを想像させ、社風や志を感じるからなのです。

求職者は、それに共感できることが働く動機になると考えます。
これは、業界軸・仕事軸で会社選びをする求職者には効果的です。

業績数値などは、完全理解することは難しいですし、事業や仕事内容も他社と比較しても差別化は見出せません。

その様な状況下では、求職者が明確に理解できるのは「企業理念や経営方針」なのです。
よって、明確なミッショステートメントを示し、他社との違いを出す必要があります。

経営理念が「絵に描いたもち」である可能性は、求職者も感じています。だから、求職者は、真剣に情報を集め、セミナーで社員を見て確認するのです。よって、企業は打ち出した企業理念をセミナー等で体現することが重要となります。
リリースされている企業理念を理解していない人が求職者の前に立つようなことはあってはなりません。せっかく、求職者が抱いたイメージを、自ら壊してしまう。こんなことって意外とあるのです。

就職サイトやホームページで表現している企業理念や経営方針が、求職者の共感を得るものになっているか?
また、求職者と会う社員の言動が、それらと一致し、一貫性があるか、確認しなくてはいけません。

経営理念などというと難しく感じますが、ようは、経営トップの人柄であり、そこで働く社員、一人ひとりの人柄なのです。企業は人なり。
求職者に対して「会社」という抽象的で無機質なもので勝負せずに、その「人」にスポットライトを当てて極めて個人的な「人生」・「価値観」にまで踏み込み、それをもって全体の会社をイメージさせるのです。
そして、「この社長の下で働きたい」・「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえれば成功なのです。

これが「理念採用」です!!! この手法であれば、大手企業や人気業種と同じ土俵で戦わなくて済むのです。

「社長ブログ」や「人事ブログ」が人気を集めていますのも、求職者が、生の声を情報として集めているからでしょう。
求職者は、そのブログの内容と就職サイトやホームページの内容を比較し、自分なりの企業イメージを作っているのです。

これは、一貫性が保たれていませんと、全くの逆効果となります。
ホームページでは、大家族主義をイメージさせているにもかかわらず、キャリアプランは成果主義スタイルとなっているなどの矛盾があってはいけないのです。

ぜひとも、ご確認ください。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加