人材採用は科学なのです

人材採用は科学なのです

マネーボールという映画をご存知でしょうか?

『マネーボール』は、2011年のアメリカで、マイケル・ルイスによる『マネー・ボール奇跡のチームをつくった男』を原作とし、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンが経営危機に瀕した球団を再建する姿を描く物語です。

米メジャーリーグの貧乏球団、オークランド・アスレチックス。
ニューヨーク・ヤンキースなどの金持ち球団に比べ、はるかに資金力で劣るアスレチックスが、なぜ2000年、2001年にトップレベルの勝利数を誇り、ヤンキースを追い詰めるに至ったのか。
かつて将来を嘱望されながら、メジャーで活躍できなかったビリー・ビーンが、ゼネラルマネジャーとなって、球団を勝利に導きます。

2000年から2002年までを平均すると、オークランド・アスレチックスは、約50万ドルで1勝できた計算になる。
100万ドル未満で1勝したチームは、ほかにはミネソタ・ツインズしかない。

たとえば、得点力を評価する場合、チームの平均打率に注目するのがこれまでの常識だった。
ところが、冷静に比較分析してみるとチームの総得点と平均打率は関連が薄く、むしろ、出塁率や長打率のほうが、総得点とはるかに密接なつながりを持っている事がわかる。

他球団はほぼすべて同じような視点で市場を眺めている。
20人の指名候補選手をリストアップして、3人つかまえられれば上出来とみなす。
ところがアスレチックスは7人も1位指名できたうえ、ゼネラルマネジャーが選手をまったく独自の物差しで評価する。

アスレチックスのさまざまなマーケティング調査によれば、ファンが一番重視するのは、やはり勝ち星。
無名選手を集めて勝利すればファンが増え始め、やがて無名選手が有名選手になる。

なんなら、平均よりちょっと上の実力を持つ投手にクローザーをまかせ、セーブポイントをたっぷり稼がせて、高く売り払うことだってできるのです。
科学で武装した優秀な経営陣がいれば、きわめて安くて強いチームを作れることをビリー・ビーンは実践したのです。

これは企業の社員採用に置き換えることが容易にできます。

中途採用であれば、単純な大手企業の経験を尺度とするのでなく、何を具体的に経験し、どんな実績を残してきた人が自社に必要なのかを明確にする。
新卒採用でも同様で、どの様な人物が自社にマッチし、それはなぜなのか?を明確にする。

プロ野球のスカウトも企業の人材採用も「科学」なのです。
これに成功すれば大手を凌駕する組織を構築し勝利できるのです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加