人材採用における価値観の共有

人材採用における価値観の共有

価値観とは「何を良いと思うか」という「観点」を指すと考えられます。
ある人は、沢山お金がある状態を「良い」と思い、 
ある人は、愛する人と共に過ごすことを「良い」と思い、 
ある人は、責任の有る、やりがいの仕事があることを「良い」と思う。 
 
良いと思う=そこに価値を見いだすことです。 
この「価値観」ですが、人材採用におきましては、自社の価値観と共感できる人を採用しなくてはいけません!

どんなに能力が高くとも、どんなに実績があろうとも、自社の価値観に共感してくれていない人は、決して定着しないからです。 
価値観を共有しつつ、コミュニケーションを取り、同じベクトルで共通の目標に向かっていくからこそ、厳しい状況を打破していけるのです。 

「近頃の若い者はダメだ!」と嘆かれている方は、それは近頃の若い者だからではなく、自社の価値観と共有できない人材を採用してしまったからではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加