「経験者」がいいというけれど…

「経験者」がいいというけれど…

採用を考える時に、正社員の中途採用にしろアルバイト採用にしろ、「ウチは育てる暇がないから、経験者じゃないとねぇ~」という話をよく聞きます。しかし、どんな経験が必要なのか議論されていないことが多いのです。

同じ業界でも会社それぞれに目指すものは違います、当然ながら仕事の進め方も違いますし、評価も違ってきます。よって、成果を出す人材のタイプもかなり違うのです。

自社に居る時は決して評価が高くなかった方が、転職した先で評価が一変して優秀な人材として活躍しているなんて話しは、結構あります。

人間そんなに変わるものではないですから、突然変身したわけではありません。もともと持っていた能力が仕事の進め方や環境に合致して、成果に結びついたということなのです。
反対に、成果をあげていた人材が転職によって成果をあげられなくなってしまうということもあるわけです。

つまり、入社後の教育ができるかできないかだけにこだわって、経験者採用のみとしてしまうのでは無く、自社にとって、自社組織にとって活躍しやすい人材とはどんなスキルを持っていて、どんな考え方をもっている人が良いかを明確にして採用を進めることで、後々のハイパフォーマーを採用できるのです。

経験のない人材でも素養さえあれば期待を上回る成果を意外と短期間にあげたりします。
目に見えやすい経験も大事ですが、目に見えにくい能力を測る仕組みや視点をもつことで採用は随分変わってきます。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加