好きなことを仕事にしていますか?

好きなことを仕事にしていますか?

実は、好きだからその仕事を選んだという人はごく少数です。
一番多いパターンは、実際にやってみて、それに何かしらの楽しみや喜びといった手応えを感じることで、初めて「好きなこと」になるという流れです。

つまり、何ら行動もせず、受け身の姿勢でいる人間が好きなことを手に入れられるという事はなく、もちろん、好きなことを仕事にすることなど出来るわけがないのです。

最近、多くのホール関係者が漏らす声として「イベントを実施できなくなったことで集客ができないという痛手もあるが、スタッフの一体感も同時に薄れているのではないか?」というものがあります。
そもそも、集客を目的とした店舗イベントでしたが、多くのスタッフを巻き込み、どうすれば多くのお客様にご来店いただけるか、どうすれば楽しんでいただけるかということを社員・アルバイトの皆で知恵を絞っていた行為は、ひとつの目標に向かって進む、一種の学園祭や体育祭の準備に似ていて、スタッフの一体感を醸成していたのでした。

実は、これが、まさに「目の前の仕事にのめり込む」ということであり、その結果として、その仕事を通じて他人から評価をされたり喜ばれたりする所までやり切ってみると、その仕事が好きになっている可能性は非常に高いのです。
だから、好きなことがない人が、好きなことを仕事にしたいのならば、目の前の仕事に徹底的にのめり込むことが良いのです。

有名なスティーブジョブスのスピーチでは「自分が心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ、自分が素晴しいと信じる仕事をやる事だ。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら進むべき道はただ一つ、好きなことを仕事にすることだ。」と言っています。

中には「お金なんかいらない」という人や「とくにやりたいこともない」という人も居ますが、これは基本的に同じ場所にいる人たちなのです。
同じ日常が、何もなく明日も繰り返されると思っているのです。

でも、もし今日が「最後の1日」だとしたら、本当に、今の仕事で良かったですか?
最後の1日は、明日、なんの前触れもなくあなたの元にやってくるかも知れません。
やり残したことや、普段からいろいろなことを怠ったり、やるべきことに取り組めなかったことが多い人ほど、死ぬ間際になって時間を欲しがるそうです。

店舗に勤めている方であれば、もし、今、勤めている店が3ヶ月後に自分のお店になることが決まっているとしたらどうでしょう。
朝の出勤の際の心構えからして仕事への取り組み方が変わって来るのではないでしょうか?

つまり、経営者・管理者は、部下が仕事に徹底的にのめり込む環境を整え、その結果を評価する仕組みを作らなければいけないのです。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加