職場の幸福論「今、あなたの会社で働いている人は仕事で幸せを感じているのだろうか?」

職場の幸福論「今、あなたの会社で働いている人は仕事で幸せを感じているのだろうか?」

■2015年12月1日からストレスチェック義務化へ
メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的として、従業員数50人以上の全ての事業場にストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法律(通称:ストレスチェック義務化)」が2015年12月1日に施行されました。
今回、新たに導入されるストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげることで、ストレスの要因そのものも低減させるものであり、さらにその中で、メンタルヘルス不調のリスクの高い者を早期に発見し、医師による面接指導につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する取組みです。

メンタルヘルスといいますと、うつ病や自殺などでマスコミでも話題になっています。
しかし、企業や組織として社員の健康の問題なので重要性は認識しつつも、メンタルヘルスの問題が出てくると、どう対応していいか分からなく、かなりエネルギーを使う事になります。
心の病気への対応と考えると、企業の人事としてもタッチしにくい面があると思いますが、大事な社員に関する問題なので関心も強いと思います。

たとえば「明るい職場を作りましょう」と言っても、ある社員が調子を崩してしまうと、周りの方にも影響しますし、接客にも影響してお店の評価が下がってしまったり、企業ブランドが傷ついてしまうことがあったりすることがあります。
その方の健康だけではなく、いろいろなところに波及して影響が出てくることがあります。したがって、組織としてもメンタルヘルスの問題はしっかり考えていかなくてはならないのです。

メンタルトラブルに限ってみても「心の病」は減少傾向にあるとする企業が7.8%である一方で、増加傾向にあるとする企業は実に37.6%に上ります(日本生産性本部 第6回「 『メンタルヘルスの取り組み』に関する企業アンケート調査結果」より)
また、メディアでは「過重労働やプレッシャーでうつ病などのメンタルトラブルが増加している」といった論調が見受けられます。
それゆえに、多くの方が仕事を原因とするメンタルトラブルは、長時間労働による過重労働で発生すると思ってしまい、一部の経営者の方などは「最近の者は根性が足らんから、たいした残業時間でもないのにうつ病などになる」とおっしゃったりします。

しかし、実際は、長時間労働を原因としたメンタルトラブルの事例は少数派になっています。
そもそも、人間の資質として、長時間労働というわかりやすいプレッシャーには相当打たれ強くできているのです。
つまり、過重労働では心が折れる前に体が壊れます。では、どういう場合に人の心は壊れやすいのでしょうか? それは、その人が「目の前の仕事に対する前向きな姿勢を失った時」だと言えます。
多くの人は、自分のやりたいことに挑戦していれば、ハードワークも面白く、気付けば、仕事とかプライベートとか、そんな境目がなくなるくらい、ただ目の前のことに夢中になっているものです。

■メンタルトラブルによる企業のリスク
自社スタッフが、うつ病などのメンタルトラブルを発症し、最悪の悲劇を迎え「労災事故」になってしまった場合には、次のようなリスクが考えられます。
1)従業員の離職誘発
2)新規採用が困難になる。
3)行政指導・改善命令を受ける。
4)労働争議に発展

つまり、自社スタッフが、うつ病などのメンタルトラブルを発症し、最悪の悲劇を迎えた場合に、そのスタッフへの対応だけでなく、その影響は大きく広がることが予想され、実際、大手飲食店では風評が悪化し売り上げダウンによる経営悪化にまで進みました。
では、自社のメンタルヘルスマネジメントとして企業がやらなくてはいけない事について解説しますが、今回は発生を予防する点について記します。
先述しましたが、メンタルトラブルが発生するのは、その人が「目の前の仕事に対する前向きな姿勢を失った時」であり、やりがいを感じて自らの意思で業務に取り組んでいる場合には発生しないと言えます。
それゆえに、自己の業務にやりがいを感じて幸福感を持って遂行してもらうために、どうすれば良いのかを下記に解説いたします。

■幸福感の醸成
「幸福の習慣」トム・ラス/ジム・ハーター著では、幸せで満足のいく人生を送るために大切なことを150ヶ国に渡るグローバル調査を実施しまとめています。
この本によると、人の幸福を決定するのは5つの要素があり、その5つとは。
1)仕事の幸福
2)人間関係の幸福
3)経済的な幸福
4)身体的な幸福
5)地域社会の幸福

だそうです。この5つは文化、国籍を問わず共通しており、どれか一つの要素が突出していてもうまくいかず、全ての要素を改善していくことが重要だそうです。
しかも「仕事の幸福」は5つの要素の中でも、最も重要かつ根幹をなすものと書かれています。

また、仕事に熱意を失う危険性が最も高い人は「自分の上司は、部下である自分にまったく関心を持っていない」と感じている人だそうです。
上司の方は「自分の言動が部下の幸福に多大な影響を与えている」事を自覚しなくてはいけませんし、部下の方は「ひたすら耐えるという選択は避ける」必要があります。
では、どういった上司が良いかと言うと「部下の強みに意識を向けている人」だそうです。そのような上司の場合、職場に不満を持つ人の割合は全体の1%まで下がるそうです。

部下一人ひとりに関心を持ち、相手に喜んでもらうために何が出来るかを考える。その先には、きっと多くの笑顔が待っているはずです。職場で「大切なこと」とは意外とこういうことなのです。

では!また。

このエントリーをはてなブックマークに追加