衰退期のシグナルを見逃すな!

衰退期のシグナルを見逃すな!

成長著しいホール企業に女性の新卒として入社し、やりがいを感じていたAさんでしたが、ここにきて、将来の自身のキャリアに不安を感じ始めています。

その最初の理由は、ある勉強会をきっかけに横のつながりができて連絡を取り合う仲になった新進気鋭のホール企業の人材開発部長でした。
その人材開発部長は女性の方でした。
自社には女性の部長は居らず、今後も生まれる機運は一切ないのです。
それだけで、相手方の会社が、数段レベルが高いことを思い知らされるようになりました。

自社の現場では女性は重宝されるが、四大卒で現場から本社に上がると、そこには女性の活躍の場がなかった。
せいぜい、カウンター周りに関する仕事や装飾ぐらいで、大きな仕事を任せてもらえるような風土ではなかった。
完全に男社会で女性社員が口を挟む余地はないのです。

給料は一般業界に進んでいる同級生たちとは遜色はなかったが、年齢が上がると給料は上がらなくなった。

自身の就活は、就職氷河期組で60社余りの面接を受けて、内定がでたのが今就職しているホール企業だけだった。
Aさんはこう語りました
「入社1年目は何も分からないので、逆に楽しかった。でも、2~3年も経つと内情が分かってきました。男も女も四大卒で入ってきて、この会社でいいと思っている人は転職活動をしませんが、多くの人は会社に疑問を感じて、資格を取ったりして転職の準備をします。それ以外の方は30を過ぎると大半の人の向上心がなくなります。店長のポストは限られていますが、すぐに副店長にはなれると思った人たちが、主任止まりで終わっているのです。うちの会社で店長になれる人は他人を押しのけて行くタイプの方です。それをリーダーシップがあると評価されます。女性人材開発部長の会社はその人のいいところを見つけて引き上げてくれるそうです。人材開発部長が女性だからでしょうか?」と思いの丈を一気に吐き出しました。

同社に所属する別の方で、転職組のBさん(42)は入社15年で現在は本社で係長をやっている。新卒入社ではないので、新卒が優遇されることに不満を募らせています。
「ポストは能力が一緒なら新卒の方が優遇されます。後輩に抜かされて後輩が上司という主任がたくさんいます。最近は新卒も辞めないのでますますポストが不足しています。かといってできる人間も少ない。年齢的に転職の最後のチャンスだと考えています」と・・・

同社はマンパワーによって拡大路線をひた走ってきましたた。
この会社から漏れてくるこれらの声は、何を意味しているかというと「衰退期のシグナル」です。
成熟期~衰退期に差し掛かっている会社では、今までの経営モデルや事業モデルが経営環境変化に対応できなくなってきます。
店舗数が増えているのに売り上げが減少しているのは、その表れです。

経営改革が遅れると再生期に入り、業績悪化と共にキャッシュフローが減少する状態に陥ります。
再生期を避け、第二創業期にするためには、大胆な経営改革のためにもトップの交代が必要になってきます。
それは同族という理由だけの後継者ではなく、実力のある真の経営者へのバトンタッチが…

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加