プラス100円のお得感で夜の集客を図るマクドナルドから学ぶ

プラス100円のお得感で夜の集客を図るマクドナルドから学ぶ

マクドナルドがプラス100円でパティが倍になる「夜マック」を3月19日午後5時から全国で開始した。これは昨年6月から開始した東海地区の試験販売では売り上げが15%アップ。意外なことに女性客に好評だったことから全国展開に踏み切ったようだ。

パティが1枚なら2枚へ、パティが2枚なら4枚にプラス100円で増量されるのだから、Wチーズバーガーなどはお得感が半端ない。

実際にダブルバーガーを注文した業界人は「ギブアップ寸前の大満足でした」とハンバーガー1個が晩飯になることを証明してくれた。

これなら普段はマクドナルドを利用しない人も晩飯がてらに行ってみたくなる。給料の少ないサラリーマンやOL、食べ盛りの子供を抱えた家族連れで賑わいをみせそうだ。

ただし、無制限にサービスすると赤字になってしまうので、1人2個までの制約はある。

プラス100円のお得感で夜の集客アップを図る狙いがあるわけだが、パチンコ業界としても夜の集客を上げるには、プラスワンのサービスが必要になってくる。

かつてのホールは夜ともなると会社帰りのサラリーマンで賑わったものだ。一仕事終えたサラリーマンがパチンコでリフレッシュする。勝てばその日の豪勢な飲み代に消え、負ければコップ酒。それはサラリーマンの小遣いの範疇でパチンコが楽しめた時代でもある。

サラリーマン客が姿を消したのは、今のパチンコはおカネと時間がかかり過ぎるからである。若いサラリーマンやお父さんたちの庶民の娯楽からパチンコが乖離してしまったのである。それゆえに遊技人口は年々減り続けている。

一方、ホールは「遊技客の減少⇒売り上げの減少⇒利益の減少」という負のスパイラルから、必要以上に釘を閉める。つまり、釘は締まる、設定は入っていないから、常連客も負けがかさむゆえに、残っている今のお客さんまでパチンコから足を洗うことになる。

象徴的な例はプロが辞めていくことだ。

ホールの利幅がどんどん少なくなっている中、少ない出玉をプロが奪い合っている。
16年のプロ生活から引退した元スロプロは「ホールの今の利益を考えたら、パチプロは、この先10年持たない」と言う。40歳を過ぎてスロプロをやっていても何も残らないので、これ以上続けるのは無理と引退を決意したとの事。

サラリーマン顧客を呼び戻すには、その日の飲み代を賭けて、1000円、2000円で一勝負ができるような機械を出すことだ。今、三段クルーンのアナログ機が登場し注目を集めている。
こうした短時間勝負一発機系の機械の出現が、マクドナルドのプラス100円サービスに匹敵するのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加