1人で1日800杯売るワゴンレディー

「1人で1日800杯売るワゴンレディー」

「現場力」ということばが流行っているが、あるセミナーでもこの現場力という意味について具体例を挙げて分かりやすく説明した。

500台クラスのホール。

通常、この規模なら1日200杯もワゴンコーヒーが出れば上出来の中、1日で800杯も販売するスーパーワゴンレディーがいる。
自販機で買えば120円のコーヒー。ワゴンなら300円もする。

そこで彼女はどうやればたくさん売れるかを考えた

「お客さまがコーヒーを買うにはきっかけがあるはず。そのきっかけづくりをすればいい」と閃いた。
加えて、自販機より優れているのは、自分には接客ができることに気づいた。コーヒーを売るだけでなく、自分を売ることに努めた。

ホール内は騒音でうるさい。

そこで彼女が編み出したのが島に入るときに鈴を鳴らして、これから販売に伺います、という合図だった

流れ作業的にメニューを客の目の前に差し出すぶっきらぼうな方法を取ることはもちろんない。1人1人に顔を近づけて相手が振り向くまでじっと待った。

そして、客が振り向くと最高の笑顔を返した。

注文のコーヒーを持っていったときに、ここからコミュニケーションが始まる。会話することによって親しみを感じてもらえる。サービス業の原点である。会話があるから馴染みになる。

空になったカップを回収するときにまた笑顔を返す。

彼女には注文を取る、コーヒーを運ぶ、カップを回収することで3回の接遇のチャンスがある。

お客にすれば、コーヒー1杯で彼女の笑顔が3回見られる。

これを習慣づけ、彼女のファンを作ることで1日800杯売るようになった。

現場が創意工夫することで、200杯が限界なものを800杯も売る。これこそが現場力なのだ。

現場力が強ければ強いほど強固な組織になる、ということだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加